すき家での支払いにPayPayが使える!使い方や2月から始まる40%還元の内容も調べた!

すき家のホームページに、PayPay(2020年2月1日~)・LINEPay(2020年3月2日~)・メルペイ(2020年5月予定)が順次使えるようになるとのお知らせが載っているのを発見しました!!

QRコード決済は街でよく見かけはしますが、実際利用したことがないので私自身も利用できるように準備の意味も込めて調べてみました。

今回は2月1日導入予定のPayPayの使い方、いつから使えるのか、同時に始まる還元率40%のキャンペーンの内容などの情報です。

皆さんはすき家の中でどの丼ぶりが好きですか?個人的には「かつぶしオクラ牛丼」が好きです。



すき家での支払いにPayPay(QRコード決済)が使える!

2020年1月17日のお知らせで以下の内容が掲載されていました。

すき家のホームページより抜粋

株式会社ゼンショーホールディングス(代表取締役会長兼社長:小川賢太郎 本社:東京都港区)傘下の牛丼チェーン「すき家」は2月1日(土)以降、QRコード決済サービス「PayPay(ペイペイ)」「LINE Pay(ラインペイ)」「メルペイ」での決済を順次開始します。今後もお客様の利便性向上のため、3種類のQRコード決済を順次グループ業態へ拡大していく予定です。
また、「PayPay(ペイペイ)」での決済サービス導入に伴い、すき家はPayPay株式会社が2月1日(土)から実施する「全国6,500店舗以上の有名飲食チェーンで『40%戻ってくる』キャンペーン」の対象店舗となります。

photo_20200117_paypay.jpg

すき家のHPへのリンクです。

上記のロゴなどは至る所で目にしますね。今後はさらに利用可能店舗が増えて、ますます便利になるのではないでしょうか!

すき家でのpaypayの使い方

すき家でのPayPayの使い方ですが、PayPayでの支払い方法は以下の2種類のみです。

1,QRコードを見せる

すき家の支払いにPayPayが使える!使い方とキャッシュレス還元40%

2,お店のQRコードを読み取る(セミセルフレジの場合)

↓分かりやすい動画を見つけました!簡単そうです。

(動画がスタートして、0:54あたりから実際に支払う画面の映像になります。)

すき家がPayPay支払いで40%還元のキャンペーン対象店舗に!

すき家でPayPay支払いが始まるのと同時に『PayPay支払いで40%還元』のキャンペーンも同じ日にスタートします!

PayPay支払いで40%還元のキャンペーン期間はいつからいつまで?

40%還元のキャンペーンが始まるのは2020年2月1日(土)0:00~2月29日(土)23:59です。

PayPay支払いで40%還元のキャンペーンの条件は?

・40%還元のキャンペーンを利用できるのは、『PayPay』で支払う人限定です。

・付与上限があり、1回あたり500円相当、期間中の上限が1500円相当まで!となります。

・スマホへPayPayアプリをダウンロード→銀行口座orクレジットカード登録→PayPay残高へお金をチャージ→すき家へ!

さらにソフトバンクユーザーは自動的にYahoo!プレミアム会員なので還元率が50%になるという。

50%還元になるには下の図を参考にPayPayアプリをご確認ください。

すき家での支払いにPayPayが使える!使い方は?いつから還元率40%のキャンペーンの情報も!

ソフトバンクユーザー、ワイモバイルユーザーはPayPayと相性が良さそうですね。

詳しくはPayPay公式ホームページをご覧ください。

PayPay公式HPへのリンクです。



PayPay以外にすき家で使える電子マネーは?

すき家ではすでにキャッシュレス決済がいろいろ利用できます。

交通系電子マネー

Suica・PASMO・Kitaca・tolca・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん

後払い式電子マネー

iD

プリペイド式電子マネー

Edy

以下はホームページに載っていたものです。

タすき家のHPより抜粋

株式会社ゼンショーホールディングス(本社:代表取締役会長兼社長:小川 賢太郎、以下:ゼンショーHD)は、三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田 秀男、以下: 三井住友カード)と提携し、牛丼の全国チェーン店「すき家」に電子マネーによる決済サービスを導入いたします。
現在、東京都の山手線・中央線・京浜東北線沿線地域の「すき家」84店舗に、交通系電子マネー「Suica」を先行導入し、検証を行っております。2015年1月中旬からは、全国の「すき家」※に「Suica」等の交通系電子マネー、「iDTM」、「楽天Edy」を順次導入し、電子マネー決済サービスを本格展開いたします。(※一部店舗を除く)

全国に1,984店舗(2014年12月25日現在)を展開する牛丼チェーン「すき家」では、従来、お客さまには飲食代金を現金でお支払いいただいていました。このたび、電子マネー決済を導入することにより、より簡単かつスピーディーなお支払いが可能となり、 お客さまの利便性が格段に向上します。導入する電子マネーは、交通系電子マネー、後払い方式の「iD」、楽天グループのプリペイド型「楽天Edy」と多岐にわたり、お客さまのニーズに合わせてご選択いただけます。
また導入する店舗にとっても、従業員が現金を取り扱う事務負担が軽減されるとともに、精算時の混雑解消も期待できます。

導入される
電子マネー
交通系電子マネー
20141225_dennmane_1.png
20141225_dennmane_2.png
20141225_dennmane_3.png
後払い式電子マネー
プリペイド式電子マネー
20141225_dennmane_4.png
20141225_dennmane_5.png
対象店舗 全国のすき家 (一部店舗を除く)
※東京都の山手線・中央線・京浜東北線沿線地域の84店舗では、
既に交通系電子マネーを導入済み
開始時間 2015年1月中旬より順次開始

ゼンショーHDと三井住友カードは、今後も協力し、すき家にご来店いただくお客さまのさらなる利便性向上と、新たな業態への電子マネー・クレジットカード決済サービス導入拡大を図ります。

中国のモバイル決済(支付宝微信支付可在Sukiya使用)

支付室(Alipay・アリペイ)・微信支付(WeChat Pay・ウィーチャットペイ)

すき家のHPへのリンクです。


すき家でPayPayが使える!使い方や40%還元のキャンペーン情報のまとめ

・すき家では、PayPay(2020年2月1日~)・LINEPay(2020年3月2日~)・メルペイ(2020年5月予定)が順次使えるようになる

・すき家でのPayPayの使い方は、QRコードを見せる又は、お店のQRコードを読み取るかのどちらかです。

・40%還元のキャンペーン期間は2020年2月1日(土)0:00~2月29日(土)23:59です。

・利用できるのは、スマホアプリ『PayPay』で支払う方限定です。

・付与上限があり、1回あたり500円相当、期間中の上限が1500円相当まで!となります。

最後にすき家とは全然関係ないのですが、数年前にテレビで見ていまだに記憶に残っている映像があります。それは中国ではすでにQRコード決済が当たり前になっていて家の無い人などがお金を寄付してもらう為にお金を入れる容器ではなく、自分のQRコードが書かれた紙を見せているという不思議な光景です。キャッシュレス時代は結構昔から諸外国では始まっていて日本は少し遅れているんだろうな。。なんてふと思い出しました。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!!